© カモシカ×ブログ 登山用品専門店カモシカスポーツ All rights reserved.

第8回道志村トレイルレース

5月15日山梨県道志村で行われた「第8回道志村トレイルレース」に出場してきました。
昨年はエントリーのみで体調不良で出場せず、一昨年は第1関門に間に合わずでした。
レース会場は工事のため少し配置、ルートが変わっていました。
スタート前の様子です。このレースはスタートダッシュが鍵です。
DSCF0852

スタート後、選手達はものすごい勢いで走っていきます。
DSCF0853 いかに渋滞を最小限で済ますかに掛かっています。
DSCF0854

スタートから17分、渋滞です。林道終点まで50m位か?
スタートから25分で林道から1本道に入りました。おととしはここで40分だったので、だいぶロード部分を頑張りました。

ここから菜畑山を目指します。スタート位置から650mの高度差です。この上りで、アミガサタケ(きのこです)を発見しましたが、数珠つなぎで写真撮るわけにも行かない。
DSCF0857DSCF0859その数珠つなぎのまま菜畑山に到着。ここからはややバラけた展開になり、時折快適な尾根道のトレイルを堪能できます。
DSCF0861

しかし上りがちなコースに、次々とストップしてしまう選手がいました。
DSCF0863

今倉山(標高1470m)に9:15到着、ここからは360mの高度差を下り道坂峠(標高1110m)へ。この下り急です。ダメージを考慮しゆっくりと下りました。
道坂峠からはこのコースのメインディッシュの御正体山(標高1681m)を目指します。この上りが辛い。黙々と上りました。
DSCF0868

そしてようやく御正体山10:47に到着。山頂では、鯉のぼり、頑張れのメッセージボード。うれしいですね。時計はスタートからの所用時間です。
DSCF0871 ここでも前回よりも20分程早く到着。第一関門突破が見えてきました。ここからあと5キロ多少アップダウンを含む山伏峠(標高1111m)への下りです。時間はあと1時間13分。
DSCF0873 この下りでちょっと腿が怪しくなってきましたが、なんとか下り山伏峠に11:54到着!制限時間クリアしました。
DSCF0874

ここで給水、補給、小休止そして、菰釣山(標高1379m)を目指します。
この菰釣山への神奈川、山梨両県境の稜線初めて通りましたがブナやカエデの多い綺麗な尾根道です。新緑がとても良い感じです。
DSCF0876 DSCF0880もうすぐスタートから6時間。速い選手はゴールしてるタイムです。
DSCF0882菰釣山到着です。今回使用したシューズはスポルティバ 「ミュータント」レース中に木にぶつけて穴が空いてしまいました。
DSCF0885

第2関門から先に足を残すために菰釣山まではすべて歩き、その先は下りなので第2関門まで走って制限時間をクリアしました。関門到着PM2:26でした。

第2関門からの鳥ノ胸山(標高1207m)まで517mの高度差の上りです。距離も30キロを超えて辛い登りでした。他の選手とブーブー言いながら上りました。しかもこの上りで後ろにはレースのスイーパーが後方20mに迫り焦る!
DSCF0888 やっとこ鳥ノ胸山に着くと御正体山が見えました。天気が良いと富士山も見えるそうです。ここから小さいアップダウンを繰り返した後、林道、ロードと走り抜けてゴールに辿り着きました。
目標の完走を果たせて良かったです。
DSCF0890

ゴールではカモヨコ朝トレラン常連のYさんが待っていてくれました。だいぶお待たせしてしまいました。しかし彼女は女子総合4位、年代別2位という素晴らしい成績!

道志ってキツイですね。でも楽しかったです。
オオワダ

関連記事

ヘリテイジ社新作レインウェア

ヘリテイジ社より新作のレインウェアが入荷しております。 ヘリテイジ【オールウェザーセット】 [caption id="attac…

おすすめウィンドブレーカー

アウトドアアクティビティにおいては、天気が変わりやすかったり標高が上がると気温が低くなったりするので、コンパクトに収納できてサッと羽織ること…

小川山 ボルダリング

ゴールデンウィーク前半に小川山へ、ボルダリングに行ってきました。 カラッとしていて良い岩日和です。 [caption id="a…

ページ上部へ戻る