横浜店 篠塚 優

 幼い頃から、ハイキングやキャンプには、よく行っていたのですが、初めての登山は、中学2年生の時に行った富士山でした。その後、高校進学時に母親の勧めでワンダーフォーゲル部に入部してから、本格的に私と山との付き合いが始まりました。

山の経験について

 大学在学中に、沢と雪山をやりたくて社会人山岳会に入会して6年ほどお世話になったのですが、そこでは、沢登り、岩登り、雪山を一通り経験させていただきました。最初は先輩に連れて行ってもらって、その後、同じくらいの力量の人と行ってみたり後輩を連れて行ったり、ということを様々な場所で繰り返して、スキルと経験を積み上げて行きました。沢で言えば丹沢は何度も通ったので、メジャーなルートはほとんど遡行したと思います。冬期も、毎シーズン10回以上は山に入っていました。雪山は特に天候に左右されるので、例えば正月の奥穂高岳は登れるまでしつこく3回もチャレンジしました(笑)。個人でもよく山に入っていたので、山にいる時間は、その時期かなり長かったと思います。
 山岳会を抜けた後は、山岳同人に所属しながらクライミングをメインに活動しています。沢で滝が怖くて登れなかった事があって「クライミング」が必要って事に気がついて始めたのですが、それ自体が面白くなってしまって、2016年6月には長期休暇をもらってイングランドまで行ってしまいました。

山への思い、仕事への思い

 カモシカスポーツに入社する前は、山で過ごすことを日常にしてみたくて、南アルプスの荒川小屋でアルバイトをした事もあります。山は一日の中で、時間とともに山肌や木々の色合いが変化していくのですが、同じ山の表情は二度と見られないと思うとソワソワして我慢できず、仕事の合間に写真を撮りに行かせてもらったりしていました。特に朝陽や夕陽に合わせてドラマチックに変わる光や空の色、満天の星空、朝晩の凛とした空気感が好きで、ほんとうに山ではまばたきするのが惜しいくらいですよ(笑)。常に山の全てを感じていたくて「私は山が大好きなんだな」ってつくづく思いました。

 大学三年生の時に、ヒマラヤの海外遠征に誘われたんですが、就職活動があって行くかどうか迷ったことがありました。でも一生に一度のチャンスと思って、結局、しがらみとか常識みたいものを手放して飛び込んで行ったナヤカンガ(5846m)が、私の人生において大きな転機になりました。それから私は人生の中心に「山」を置くようになったという感じです。
 カモシカスポーツには2012年にアルバイトで入社し、今に至っています。休みを取るときも山に行くことに理解のある職場なのはありがたいですし、山に行く方がお客様でいらっしゃるお店ですので、自分の経験を活かせる仕事はやりがいを感じます。
 売り場では、お客様がこれから山に行ってどんな体験を求めていらっしゃるのかを意識しながら、楽しみの可能性の広がるご提案をするように心がけています。横浜店は、開放的な吹き抜け天井の大きな売り場が魅力ですので、沢、スキー、トレランなどシーズンによって様々なコーナーを展開して、お客様に様々な山の楽しみ方を感じて頂けるよう売り場を作っています。同じ山でも行く季節や時間・天気で全く異なるように、スタッフは同じでも来て頂くお客様は毎日異なりますし製品もどんどん進化していくので、同じお店でも「常に変化があるところがこの仕事の面白さ」と、最近改めて感じています。

篠塚 優(しのづか ゆう)

1985年東京都生まれ。2012年にカモシカスポーツにアルバイトとして入社、2014年に社員となり、横浜店ウェア売場を担当。学生時代より積極的に山に入り、沢・岩・雪山・スキーとマルチに山のアクティビティを行っている。