松岡祥子写真展「北アルプスを滑る人」のお知らせ(松本店)

カモシカスポーツ 山の店・松本店では、山岳スキーフォトグラファーの松岡祥子さんの写真展 「北アルプスを滑る人」 を開催いたします。北アルプスをスキーで登り、そして滑って撮影した作品20点を展示します。皆様のご来場をお待ちしております。

松岡祥子さんより
山が雪で覆われると、スキー板にシールをつけて色んな所を登ることができます。また、雪のついた斜面は、ある程度の斜度までなら好きなところを滑ることができます。
白く輝く頂、岩の露出したフェース、巨大な雪庇、恐ろしい雪崩、山には非日常がいっぱいです。
私はそんな山に魅せられて、記録を残すべくカメラを持ち歩いています。(人の記憶は頼りなく、時に忘れ、時に都合よく変えられてしまうからです。)
見慣れた景色と見慣れない景色、双方を織り交ぜて展示してあります。ご覧になった方が、山や滑りを楽しんでいただけますように。

開催期間:2022年2月11日(金・祝)-3月6日(日)
開催場所:カモシカスポーツ山の店・松本店2階

アクセスマップ・地図・住所

カモシカスポーツ 山の店・松本店
TEL 0263-48-2424
長野県松本市和田4478-1


松岡祥子(まつおかしょうこ)さん:プロフィール

秋田県生まれ、東京都在住。
子供の頃はノルディックスキー、大人になってから基礎スキーをし、その後パウダーや山スキーに傾倒。その頃白馬岳で菊地哲男氏と出会い、一眼レフで写真を撮り始める。スキーアルピニズム研究会の三浦大介氏に師事し、初滑降や黒部横断の写真を撮り続けている。『山スキー百山』(2015山と渓谷社)では黒部横断と立山のルートを担当した。サポートメーカー MILLET。