© カモシカ×ブログ 登山用品専門店カモシカスポーツ All rights reserved.

あたたかい千葉県の山へ行ってきました。2016.2.22~23

しかーし、地元の挨拶が「冷えますね~」「ええ今日は寒いわ」との会話。とんでもない時に来ちゃったのかも!23日は雨の天気予報だし・・・。

でも館山の温泉は予約入れちゃったので、もう開き直ってゴーゴー!

早朝、アクアラインの「うみほたる」を間違って通過、朝食抜きで千葉県の名山「高宕山(たかごやま・330m)」に向かう。

アプローチの道路があの有名な鹿野山を通ることになったので、山はどこだとキョロキョロするもわからず、眺めが良さそうな九十九谷展望台に車を止める。

(鹿野山という山はないようです。マザー牧場の方が有名かな)

展望台上の駐車場より望む山々

展望台上の駐車場より望む山々

すぐ裏というか横には小山があり、入口には「白鳥神社」がある。元クライマーとして、現ハイカー魂が上へ上へと自然と足が向かった。

鳥居をくぐると社殿がありお賽銭を入れ安全登山と宝くじが当たるように拝む。

鳥居をくぐると社殿がありお賽銭を入れ安全登山と宝くじが当たるように拝む。

CIMG2695

美しい杉林が出たらもう山頂だった。

白鳥峰山頂379m・・・結果として今回2日間の山行での最高地点となる。

白鳥峰山頂379m・・・結果として今回2日間の山行での最高地点となる。

山頂から展望はないが、すごいモニュメントがありました。まるで悪霊を日本武尊の剣で封じ込めている感じで、スペクタクル映画かアニメの一場面を見ているようです。

周りを見わたすとアンテナがありその先が明るいので行ってみるとナント目の前に東京湾が広がる大展望。筑波山やスカイツリーも見ることができました。

要はゴルフ場だったのです。白鳥山の隣はゴルフ場でした。この神社周辺だけは開発できなかったのでしょう。

スカイツリー発見! その後ろに日光の山々も見える。

スカイツリー発見!
その後ろに日光の山々も見える。

筑波山がはるかに見える。

筑波山がはるかに見える。

御飯処など探すも、どこにもなく、高宕山の登山口に着く。車は何台も止められそうだが、仕事の大型車が何台も駐車していた。

登山口の駐車場から登る方面を見る。

登山口の駐車場から登る方面を見る。

山麓のため池周辺では蛙がもう鳴いており、千葉県は春が早いのを実感。

今回は最短の往復コース「奥畑」からの登山、道は前々日の大雨のせいか水が多く、歩きにくい所も多々あった。

途中カンアオイやオニシバリの花を見つけた。

カンアオイ

カンアオイ

オニシバリ。別名ナツボウズ。ジンチョウゲの仲間で淡い芳香をはなちます。

オニシバリ。別名ナツボウズ。ジンチョウゲの仲間で淡い芳香をはなちます。

赤い実の沢山ついたアオキがすごく多い感じ。

赤い実の沢山ついたアオキがすごく多い感じ。

この山、岩峰なので山頂近くは岩場がでてきます。

CIMG2713

CIMG2717

山頂には祠があり、大展望もあり。

祠と山頂標識

祠と山頂標識

南西方向の山々を望む

南西方向の山々を望む

先程のぼった鹿野山の白鳥峰は右の小さなポッチ。へダリの黄色の帯はマザー牧場の菜の花畑。

先程のぼった鹿野山の白鳥峰は右の小さなポッチ。左の黄色の帯はマザー牧場の菜の花畑。

あと遠回りにはなるが、ぜひ見ておきたいのに「高宕観音堂」がある。山頂の分岐場より15分、+見学5~10分程、

余分に時間がかかるが絶対オススメする。歴史が感じられます。

CIMG2729

CIMG2730

今回ゆっくり過ごしすぎたのか往復行動に4時間かかってしまったが、普通にゆっくりで3時間で済むと思う。

今日の宿、館山の不老山・薬師温泉。安房自然村へ向かう。

道の駅に寄ったり、海沿いの道をドライブして宿に着きチェックイン。フロントのお姉さんに不老山の登り口を聞き、

ほとんどの荷物を部屋へ置き出発。すでに17:40を過ぎているのでヘッデンをポケットに押し込みながら・・・。

少し登っただけで海がひろがり宿が見えた。

少し登っただけで海がひろがり宿が見えた。

なかなか立派そうな宿でしょ。

なかなか立派そうな宿でしょ。

山頂にはお寺や展望台があるも、もっと高い方へ行ってみる。(バカと煙は何とかです。)と、

そこはアンテナ群でフェンスによって中へははいれなかった。残念!

ハングライダーの出発場からは大島も見えた。

ハングライダーの出発場からは大島も見えた。

さすがに帰りは暗くなってきました。宿の明かり等がきれいです。

さすがに帰りは暗くなってきました。宿の明かり等がきれいです。

と、いうわけで今日だけで3山に登頂!明日は雨なのでゆっくり温泉つかってのんびりしよっと。と、・・・思っていたのですが・・・。

ところで不老山薬師温泉の質は◎です。立ち寄りも可で、大人¥700。

23日は朝どらを見たいが故8時半からの朝食を選択。ゆっくりの予定が夜のうちに雨はやみ、

青空も出始めています。きょうの天気予報は曇りのち晴れになってしまう。朝食の前後に温泉へ入り、

さぁ、「房の大山(194m)」へ出発!

 

大山登山口近くの駐車場はこのトイレの前。

大山登山口近くの駐車場はこのトイレの前。

 

なんと!トイレの向こうは海です。完璧海抜0mからの登山なのだ。

なんと!トイレの向こうは海です。完璧海抜0mからの登山なのだ。

 

車道を5分程度歩き、民宿の脇から登山道に入る

車道を5分程度歩き、民宿の脇から登山道に入る

 

すぐ足元にウラシユソウが咲いていた。

すぐ足元にウラシマソウが咲いていた。

50分歩くと小広い山頂だ。戦争時には首都防衛の為の見晴らし台の跡もあり、今の平和をかみしめよう。一等三角点のある山頂からは伊豆七島の島々や房総の山々が望めました。

50分歩くと小広い山頂だ。戦争時には首都防衛の為の見晴らし台の跡もあり、今の平和をかみしめよう。一等三角点のある山頂からは伊豆七島の島々や房総の山々が望めました。

この大山は植物相豊かな山でマテバシイの林やヤツデ、カクレミノなど雨で濡れた緑がまぶしい山でした。

マテバシイ林

マテバシイ林

ヤツデ

ヤツデ

カクレミノ

カクレミノ

バラン

バラン

登山口近くの竹林

登山口近くの竹林

と、登山口近くの梅

と、登山口近くの梅

注意・坂田からの周辺ルートは現在大きな工事で通行止。往復のみ。

おまけ:帰りの途中にお城が見えたので寄ってみました。

 

館山城は里見家の城だったのだが悲しい説明文もありました。

館山城は里見家の城だったのだが悲しい説明文もありました。

 

城広場から館山の町並みと富山を望む。

城広場から館山の町並みと富山を望む。

河津桜も満開でした。

河津桜も満開でした。

さて最後に道具のお話です。

私は最近、3段に折れるストック・ブラックダイヤモンド社のディスタンスFLを愛用しています。

長さが105~125cmの調整がとっても便利なのです。重さはペアで450gとまあまあ軽量です。

今回は前から気になっていた長さ調整できない超軽量のディスタンスカーボン110cm(ペアで285g)を

山でも使えないか試してみました。

急な登りで短く持つ時のためテープスリングを結び、更にその下部に滑り止めになるぺツル社のラバーグリップテープを2,3巻きしました。

急な登りで短く持つ時のためテープスリングを結び、更にその下部に滑り止めになるぺツル社のラバーグリップテープを2,3巻きしました。

こんな風に持ちます。

こんな風に持ちます。

急な下りはグリップ部の頭をこんな形で握れば結構使い勝手が良かったのだ。

急な下りはグリップ部の頭をこんな形で握れば結構使い勝手が良かったのだ。

というわけで超軽量ストックの良さを味わったものの、やっぱり山では伸び縮みのタイプが便利ですかね。

尚、昨シーズンから新発売されているカーボンテレスコープタイプ、ディスタンスカーボンFLZ¥19800は

今季2万円以上になりました。ただし3月中はなら当社はバーゲン中ですので安くなりますぞ!急げ!急げ!

 

おまけのおまけ:

千葉県の山へはJRとかアクアラインだけでなく船便もあります。それは「東京湾フェリー」です。

久里浜港から金谷港へ1時間程の船旅です。リゾート、はたまた海外へでも行くリッチな気分になる、かも。

久里浜港 駅からのバス便もある。

久里浜港
駅からのバス便もある。

船内はかなりゆったりしている。中に売店があるも、ややお高目。

船内はかなりゆったりしている。中に売店があるも、ややお高目。

沢山の行き交う船が見れるよ。さすが浦賀水道。

沢山の行き交う船が見れるよ。さすが浦賀水道。

金谷港はこじんまりしているも大きな土産物屋等あり。 バックの山は有名な鋸山。

金谷港はこじんまりしているも大きな土産物屋等あり。
バックの山は有名な鋸山。

千葉県の山はこの花嫁街道(新・日本百名山)やら、この時期楽しめる沢登りなど色々とあり、低山だけあって冬場でも雪のない山がいっぱいあるんですヨ。

千葉県の山はこの花嫁街道(新・日本百名山)やら、この時期楽しめる沢登りなど色々とあり、低山だけあって冬場でも雪のない山がいっぱいあるんですヨ。

おわり

文責・本店 笹原

 

 

関連記事

八重山トレイルレース参加してきました!

6月9日に山梨県上野原市で行われた「八重山トレイルレース」に出場してきました。 昨年2月以来,久々のトレランレース出場でした。ショートの部…

屋久島(白谷雲水峡~淀川小屋)&リベレODレビュー

屋久島が5月の下旬に記録的な豪雨で災害に遭ったことは、ニュースにも取り上げられていたのでご存じの方も多いかと思います。6/4~6/6の日程で…

父の日には

梅雨入り宣言とともに雨模様の日が続きました。思いの外強い雨でちょっとびっくり。天気予報によると今週末もどうやら雨か、週末登山を計画されていた…

ページ上部へ戻る