1. HOME
  2. 入荷情報
  3. ブラックダイヤモンドNEWピッケル

ブラックダイヤモンドNEWピッケル

ピッケルは、歩行の補助や登攀のためや、滑落停止、整地作業、確保支点としてなどシンプルな道具ゆえに様々な用途で使用できます。
そして、道具としての耐久性も高く、「一生使える」と言っても過言ではありません。ピッケルは「岳人の魂」と呼ばれ、冬山登山の必需品です。

新しくピッケルの購入を考えてる人に朗報です!
ブラックダイヤモンドのピッケル「レイブン」「レイブンウィズグリップ」「レイブンプロ」がフルモデルチェンジしました!

新旧レイブンの比較

まずはレイブンのご紹介です。
右が旧モデル、左が新モデルになります。旧モデル60㎝が452g、新モデルが445g。
アッズが肉抜き加工されていたのが、肉抜きがなくなりました。
肉抜きをしないことによって、雪を掻き出す量が増え作業性が向上しました。
テント設営時に整地などする時は便利ですね。
肉抜きしてないのに重量は軽くなっていて、ブラックダイヤモンド社の努力が感じられます。

ピックの形状は洗練された形になり、より雪面に入りやすい形状に変更されました。
滑落停止でもしっかりと雪面に刺さりそうなデザイン。

石突も旧モデルに比べて、新モデルはかなり鋭利になりました。これだけ鋭ければ、凍結面にもしっかり突き刺さります。

シャフトの形状についても、旧モデルの楕円形の断面に対して、新モデルは台形の断面になり、より握りやすくなりました。
このあたりの感覚は実際に握ってみるとよくわかります。

そして、レイブンシリーズ特有の持ちやすさは、旧モデルからしっかりと引き継がれています。
独特なヘッドの形が手にフィットするので、初めてピッケルを使う方や手の小さい女性でも持ちやすいです。
シャフトがストレートな形状のレイブンは、歩行の補助としても使いやすく、滑落停止もしやすいです。初めてピッケルを買う方におすすめの1本です。

ブラックダイヤモンド/レイブン 右が旧レイブン、左が新レイブン

上が旧モデル、下が新モデル。新モデルのほうが先端が薄くなっている。

右が旧モデル、左が新モデル。明らかに新レイブンが鋭くなっている。

右が旧モデル、左が新モデル。シャフトを握ると台形になっている新レイブンのほうがしっくりくる。

手に自然に馴染むヘッド形状。初めてのピッケルにおすすめです。

新旧レイブンウィズグリップの比較

続きましてレイブンウィズグリップです。
右が旧モデル、左が新モデルになります。旧モデル60㎝が452g、新モデルが445g(リーシュ込み)。
レイブンウィズグリップの基本的構造はレイブンと同じですが変更点が2点あります。
スライダーリーシュが付属していることと、ラバーグリップを備えていることです。

スライダーリーシュは新素材となり、以前よりもしなやかな素材になりフィット感が向上しました。

そして、ラバーグリップは、グローブをした状態でもしっかりとピッケルを握ることができます。
といっても、通常の歩行時ではヘッドの部分を持つので、あまり関係はありません。
では、どんな時に良いのかと言うと、テント設営のためにアッズを使って雪面を慣らしたりする時には最高に便利です。
グローブをしていると滑りやすいのですが、ラバーのおかげでしっかり握れて作業効率も上がります。
応用的な使い方になりますが、登攀をする時にピックを岩角に引っ掛けて使うときにも威力を発揮します。
価格はレイブンに比べて高くなりますが、こちらも初めて買うピッケルにおすすめの1本です。

レイブンと異なり、スライダリーシュ(流れ止め)とラバーグリップを装備。

柔らかくフィット感のよりリーシュ。馴染みも良い。

手首の調整は金属スライダーで。ループが付いているため、グローブをつけていても調整しやすい

 

新旧レイブンプロの比較

レイブンプロはモデルチェンジして、全くの別物と言っていいほど変わりました。
右が旧モデル、左が新モデルになります。旧モデル60㎝が392g、新モデルが389g。
一番の大きな変更点は、「ベントシャフト」になったことでしょう。
ベントシャフトだと、傾斜の強い斜面の登下降や、ピックを岩角に引っ掛けたりする時に使いやすいです。
歩行主体のピッケルはすでに所持していて、もう1本、登攀向けのピッケルが欲しい方や、中上級者向けの形状になります。
ただし、初心者が使えないというわけではありません。
初めて購入するピッケルでも、バリエーションルートを目指している方などにとっては候補のひとつになるでしょう。

他モデルと同様に石突きが鋭利になりました。グリップにはラバーは無いものの、溝があるので滑りにくくなっています。

左は新レイブンプロ。ベントシャフトになり、バリエーションルートなど、中上級者向けの形状になった。

石突き部分のシャフト。左が新レイブンプロで凸凹のデザインが入っている。

レイブンプロはポリッシュ仕上げをしているので、光沢感があります。上がレイブンプロ。下がレイブン。

レイブンと比べるシャフトの曲がり具合がよくわかります。

 

ピッケルの選び方について

ピッケルの長さについてですが、一昔前は65㎝~70cmくらいの長めのピッケルを使うことが主流でした。
ストックが今ほど使われていなかった時代では、歩行時の補助として、ピッケルを杖の代わりとして使うのが主な目的だったためでしょう。
しかし、最近では樹林帯や滑落の危険性が少ないところではストックを使い、危険性が高い場所だけピッケルを使う人も増えてきました。

稜線の上では滑落・転倒の危険があるため、ストックよりもピッケルを使うほうが望ましい。

ひとくちにピッケルと言っても、
「ストックと併用するのか」
「歩き主体で使うのか」
「登攀やバリエーションルートで使うのか」
など、シチュエーションや使用者の力量で、その時に必要な「最適なピッケル」というのは変わってきます。

手に持った時に、くるぶしあたりに石突きがくるのが一般的な長さです。
この長さだと歩行の補助としても使いやすく、傾斜の強い斜面でも取り回ししやすい長さになります。悪く言えば中途半端な長さになります。
歩き主体であれば、もう少し長い方が良いですし、登攀目的であれば、もう少し短いほうが良かったりします。ピッケルを購入するときは自分がどのようなシチュエーションで使いたいのかを考えることが重要です。

ピッケルの選び方で迷ったらお気軽にスタッフまでお問い合わせください。

雪山バリエーションでは取り回し重視で、あえて短めのピッケルを使うこともある。

 

ブラックダイヤモンド
レイブン¥9,900(税込¥10,890)
レイブンウィズグリップ¥12,100(税込¥13,310)
レイブンプロ¥13,200(税込¥14,520)

本店 西出