© カモシカ×ブログ 登山用品専門店カモシカスポーツ All rights reserved.

冬の野外観察

一昨日、昨日と続いた冷たい雨も朝には上がり、今日の東京は快晴であります。朝起きた時にはまだ曇り空でしたが出勤する電車の中から空を見ると雲が取れちょうど青空が広がろうとするところ。まだまだ寒いものの雨に洗われた青空はやはりきれいなものです。

さて、本日は冬の低山をより楽しめるアイテムをご紹介しましょう。
冬の山は花もなく殺風景で面白くないという話をたまに耳にしますが、いやいやそんなことはないんですよ。例えば木々の葉が落ちるから展望がよくききますし、冬鳥も観察しやすくなります。そして枝の先をよく見ると冬芽が膨らんでいますし、足もとにはどんぐりも、、、。


そこで、こんなハンドブックはいかがでしょうか。文一総合出版から出版されている冬芽ハンドブックとどんぐりハンドブックであります。

樹木の図鑑は色々ありますが冬芽に特化した図鑑はあまり目にしたことが、、、。まぁ、それはさておき、冬芽も樹木の数だけあります。冬芽からその木を調 べてみるのもまた楽しいものではないでしょうか。そしてどんぐり。身近なものですが一口にどんぐりと言ってもその種類も意外と多いものです。もし見たこと のないどんぐりを見つけたらこのハンドブックで調べてみませんか。

さて、冬芽にしろどんぐりにしろじっくり観察するにはこのようなものがあると便利ではないでしょうか、、、。


ルーペであります。エッシェンバッハのハンディルーペ。レンズをスライドさせて収納できるので携帯に便利です。倍率は3.5倍、レンズサイズは45mmです。レンズの材質はPXM。エッシェンバッハ社独自開発の光学樹脂なので軽量で傷がつきにくく明るいのが特長です 。

さらにもっと細かく観察したい時は、、、


顕微鏡です。キーホルダー型の小さい小さい顕微鏡です。その重量わずか10g。倍率は15倍です。


使い方は簡単。対象物に透明のフードを接触させのぞいてください。ミクロの世界が垣間見れます。

冬には冬の楽しみ方が山にはあります。どう楽しむか、何を発見するかはあなたの感性次第。今度の休みは山へ出かけてみませんか。カモシカには冬山を楽しむアイテムが色々揃っています。ぜひぜひご来店くださいませ。

冬芽ハンドブック
広沢 毅 解説、 林 将之 写真
新書判 88ページ
文一総合出版
¥1200-

どんぐりハンドブック
いわさゆうこ著、 八田洋章監修
新書判 80ページ
文一総合出版
¥1200-

エッシェンバッハ/ハンディルーペ
サイズ:56x54x10mm(本体)
レンズ:3.5倍 45mmΦ
重量:30g
¥1800-

マイクロスコープ
サイズ:34x10mm
倍率:15倍
重量:10g
¥1200-

*価格は本体

関連記事

八重山トレイルレース参加してきました!

6月9日に山梨県上野原市で行われた「八重山トレイルレース」に出場してきました。 昨年2月以来,久々のトレランレース出場でした。ショートの部…

屋久島(白谷雲水峡~淀川小屋)&リベレODレビュー

屋久島が5月の下旬に記録的な豪雨で災害に遭ったことは、ニュースにも取り上げられていたのでご存じの方も多いかと思います。6/4~6/6の日程で…

父の日には

梅雨入り宣言とともに雨模様の日が続きました。思いの外強い雨でちょっとびっくり。天気予報によると今週末もどうやら雨か、週末登山を計画されていた…

ページ上部へ戻る