© カモシカ×ブログ 登山用品専門店カモシカスポーツ All rights reserved.

岩と雪 BEST SELECTION 入荷しました。

今日、山と渓谷社から発売されたのは

岩と雪 BEST SELECTION

本体価格 2.800円

1985~1995年に発行された『岩と雪』に掲載された論文と記録の数々をこの1冊に凝縮しています!

歴史的、保存的価値のある『岩と雪』のバックナンバーを1冊に凝縮!

『岩と雪』(1958~1995)に掲載された論文と記録の数々を、時代を追って紹介。
登山の価値感が多様化する現在、アルピニズムの思想がどのように変遷して今日に至ったのか、当時の登山家たちの熱い思いが結実した記事を再録、
元編集長の池田常道氏が時代背景の解説を加えて紹介する。

マナスル初登頂(1956年)をきっかけに沸き起こった登山ブームを支えていたのは「より高く、より困難」を目指すアルピニズムの思潮であった。
その思潮と記録を追い続けてきたのが1958年に創刊された『岩と雪』である。

1995年の休刊に至るまで、国内外の最先端の記録を追い、識者たちの評論を発表し続けてきた同誌の記事を厳選、
時代背景の解説を加えながら再録して紹介する。

パイオニアワークとはなにか(本多勝一)
スーパーアルピニズム試論(吉田二郎)
日本のアルピニズムの行方(上田哲農)
山—陶酔と失墜(遠藤甲太)
アルピニズムは帰ってきた(柏瀬祐之)
高さと困難が登山の目的なのか(岩崎元郎)
日本の岩登りは限界を迎えたか(斎藤一男)
国内登攀における今後の課題(古川純一)
登山と「神話」(高田直樹)

以上の論考のほか、ヨセミテのフリークライミングを初めて紹介した戸田直樹のルポ、
山野井泰史のバフィン島トール西壁単独登攀「極限のソロ」、
保科雅則のエル・キャピタン「垂直のクルーズ」等、日本登攀史に輝く記録も再録。 ※ハードカバーです。

ご来店の際には是非お手にとってその厚みを体験して下さい。

松本店の書籍コーナーにてお待ちしております。

 

松本店 小林(あ)

関連記事

スカルパ最軽量のクライミングシューズ「フューリア エアー」

「フューリア エアー」入荷しました!! とにかく柔らかい!!!!! …

息の長い靴 ローバーの銘作「メリーナ」

長い梅雨が明けたと思ったら連日の猛暑日、、、。いやいやもう大変なこって、、、。でも気が付けばもう学校は夏休みだし、いよいよ夏本番です。さぁ夏…

バックカントリースキー早期受注会(19/20モデル)

皆さんこんにちは! ようやく天気予報に晴れマークが並び、夏山本番になってきましたが、早くも冬に向けての準備はいかがでしょうか。 松本店で…

ページ上部へ戻る