1. HOME
  2. オススメ ITEM
  3. 山でランチを楽しむために-SOTOの分離型バーナー「フュージョントレック」

山でランチを楽しむために-SOTOの分離型バーナー「フュージョントレック」

5月も下旬になると山にも色々な花が咲き出します。高尾山でもこの花が、、、

セッコクであります。杉の枝に着生するラン科の植物でこの時期の高尾山では割と有名。他の山ではあまり目にすることができないので身近な山で見られるのはうれしい限りです。ちなみに上の写真、撮影したのは5月24日、高尾山は1号路でした。この他、6号路でも咲いおり、この先6月上旬位までは楽しめそうです。この他にもユキノシタやエビネなどが見られました。このように花を楽しみながら登る山も楽しいものです。まぁ山の楽しみ方は人それぞれで中には山のランチタイムを楽しみに登る方もいらっしゃるんじゃないでしょうか。そこでおすすめしたいのがこのバーナー、、、

SOTOの分離型バーナー、フュージョントレック。

まず目を引くのがこの大きなヘッド。

小型バーナーの代表的モデル、プリムスのP115と比べるとその違いは歴然。約300の炎口を持つこのヘッド、マイクロレギュレーターだから火力も安定。火力だけではなくこのバーナーヘッドの大きさも大きいクッカーやフライパンを使う際は見逃せないポイントでしょう。火力は3000kcal/hと登山用バーナーとしては十分。ゴトクは3本。でもしっかりとしていてゴトク径は160mmと大きなクッカーをのせても大丈夫。ちゃんと安定します。

重量感のあるフライパンもなんのその。ちなみにこのフライパンはエバニューのHD ALU Pan#20。取っ手と合わせると365g。持つと手にズシッとくる重さです。それでもぐらつくことはありません。これが分離型バーナーと最大の特長でしょう。重心が低いので安定する、これ本当に大事です。ストレスなく調理できる、まっ、基本ですよね。

分離型バーナーは今の基準からすると確かに軽くないしコンパクト性にも欠けますがおいしいランチのためならこのくらい何ともありません。気合と根性!その先に至福の一時があると思えば、、、。まぁ人それぞれ色々な考えがあると思いますが、、、。でも分離型バーナーの良さも分かっていただければと思います。ちなみにこのフュージョントレックには自動点火装置はついてませんのでライター等お忘れなく。

カモシカスポーツではガスバーナーやらアルコールバーナー、クッカーもカトラリーも山のランチを楽しむアイテムが揃っております。ぜひぜひあなたの山行のお供に加えて下さいませ。

 

SOTO/フュージョントレック
重量:182g
火力;3000kcal/h
¥9900-(本体価格 ¥9000)

横浜:佐藤