© カモシカ×ブログ 登山用品専門店カモシカスポーツ All rights reserved.

SPOT GEN3入荷しました!

SPOT GEN3は救助要請に役に立つ通信端末です。特徴は自分のタイミングで、無事を伝えるメッセージや救助要請を行えることです。衛星回線を使用して通信を行っているので上方の視界が開けているところであれば、携帯電話の電波の届かない場所でも使用できます。SPOTのロゴが入っている部分にアンテナが入っているので、こちらの面が上を向くように使用します。ザックの雨ぶたに入れて使用したり、そのまま本体を外付けして使用します。

本体は手のひらに収まるほどコンパクトで、単四リチウム電池4個で稼働します。電源は1日8時間、30分間隔でトラッキング機能を使用した場合78日間持ちます(晴天時の場合)。GEN3には4つのボタンがありそれぞれの役割があります。

SOSボタンは命にかかわる緊急事態を知らせるボタンで国際緊急対応連携センターににS.O.Sと位置情報が送られて、現在地に合わせて捜索救助の要請を行います。最も緊急性が高い時に使用するボタンです。押すためにはカバーを開ける必要があるので、誤作動の心配もありません。

HELPボタンはご家族や仲間に助けを求める際に使用します。現在地と定型メッセージが指定の連絡先に届きます。押すためにはカバーを開ける必要があるので、誤作動の心配もありません。

 

チエックインボタン(右端)とカスタムメッセージボタン(左端)はそれぞれ現在地と定型メッセージを指定の連絡先に届けることができます。メッセージ内容(ローマ字のみ)とメッセージを送る人物(10人まで)はあらかじめ設定しておく必要があります。例えばチェックインボタンで「BUJIDAYO」と登録しておけば、出発前やテント場に到着した時など任意のタイミングで押せば無事を伝えることができます。カスタムメッセージボタンには「GEZAN」と登録しておけば、、山行が終了したときに押せば無事下山したことを伝えることができます。

トラックボタン(中央)を押せば任意の設定間隔(5・10・30・60分)で継続的に現在地を伝えることができます。万が一滑落などした場合でS.O.Sボタンが押せないような状況でも、現在地を継続的に発信することができるので場所の特定が可能です。また現在地を共有できるので、山行に同行していない人でも一緒に行動しているような臨場感を味わうことができます。

海外遠征や積雪期の山行で持っていくと特に便利だと思います。事故があった時に現在地をご家族や留守本部にすぐに伝えることができ、無事を伝える定期連絡も現在地情報とともにボタン一つで行うことができます。山岳会やクラブで1つ所有するのいいかもしれません。詳細な情報を知りたいという方はお気軽に、カモシカスポーツまでご連絡ください。※一部の機能が使用できない地域があります。興味がある方はこちらのメーカーHPもぜひご覧ください!

 

SPOT GEN3
端末代金¥24,800(本体価格)
月額基本料金¥2,580~(本体価格)※最低利用期間12ヶ月

 

本店 西出

関連記事

御坂 大幡川 四十八滝沢 沢登り

去る9月30日、カモシカ本店5人と横浜店1名のメンバーで御坂山塊・三ツ峠山の四十八滝沢に行ってきました。 今回クライミングや沢登りの経…

2019年カモシカスポーツ社員研修レポート

10月1日~3日の間、カモシカスポーツ全店でお休みをいただき、社員研修を行いました。 まず初めに、お休みをいただいた期間中、たくさんのお客…

足尾ウメコバ沢中央岩峰右ルート&カザハナ「キャットウォーク」レビュー

天気予報は午後から雨予報でしたが、登れるところまでは登ろうという気持ちでウメコバ沢中央岩峰右ルートに行っていきました。幸い天気予報は外れ、快…

ページ上部へ戻る