© カモシカ×ブログ 登山用品専門店カモシカスポーツ All rights reserved.

エーデルリッド「キングレット」「ハミングバード」

緊急事態宣言も解除され、コロナウイルスへの感染予防を徹底したうえで徐々にではありますが登山やクライミングが行えそうですね。150年の伝統があるドイツの一流ロープメーカーのエーデルリッドから新製品が入荷しました!

キングレット9.2㎜。最近のロープは細いものが多くなってきました。細いから切れやすいなんてことはありませんのでご安心ください。日本で販売されている登山用ロープは性能試験を受けて、合格した物だけが登山用ロープとして販売されています。ロープが細いとクリップしやすく、ロングルートでもロープの重さが気になることもなく快適です。

この写真はキングレットの性能表示です。キングレットは耐墜落回数(number of fall)も7回と細径の割には多いです。そして特筆すべきは静的伸び率(static elongation)の低さです。ハングドッグの時間が長いほど、ゆっくりと下降していく経験をされた方も多いかと思います。それにはこの数値が関係しています。決してビレイヤーが意地悪でロープを繰り出している訳ではないのです。静的伸び率は80㎏の重りをぶら下げた時の伸び率を表しています。シングルロープでは10%未満の性能が求められます。キングレットは静的伸び率6%は他のロープに比べると低いです。伸び率は低ければ低いほど良いのですが、衝撃荷重(impact orce)との兼ね合いもあり簡単に低くはできません。そんななかでもキングレットは性能のバランスが優れています。

 

キングレットのカラー展開は50mがスノー。60mがナイト(この写真)になります。

ハミングバードプロドライはキングレット同じ9.2㎜ですが防水加工が施されており(UIAA防水規格適合)アルパインクライミングからクライミングジムまでオールラウンドに使用できます。太さが同じなので性能はほとんど同じかと思いきやそうではありません!重量は57g/mと1g増加しています。伸び率はキングレットと同じです。しかし耐墜落回数は8回に増えています。そして耐摩耗性の指標となる外皮率は44%と高くなっていて、よりハードに使用できるロープになっていると言えるでしょう。

ロープの世界はとても奥が深く、編み方や繊維の品質などが変わるだけで、同じ太さでも性能が大きく変わることがあります。また触り心地などはやっぱり実際に触ってみないと分かりません。ロープの買い替えを考えている方は今まで使っていたロープが、どのような性能だったのかを確認しておくとロープ選びの参考になります。ロープ選びに迷った際はお気軽にスタッフまでお声掛けください!

エーデルリッド
キングレット 50m¥22,770(税込)60m¥25,740(税込)
ハミングバードプロドライ ¥25,300(税込)¥28,270

本店 西出

関連記事

202010/22

富士山麓トレイルへ

10月19日(月)に例年10月初旬に行われるトレランレースである富士山麓トレイルのコースを走りに行ってきました。 メンバーは大和田、齊藤、…

ブラックダイヤモンドNEWピッケル

ピッケルは歩行の補助や登攀のためや、滑落停止、整地作業、確保支点としてなどシンプルな道具ゆえに様々な用途で使用できます。そして道具としての耐…

おすすめしたいレースアップシューズ アンパラレル/アップレース

10月も半ばなんですけど何だかちょっと暑かったり、でも肌寒かったりと服選びに困ってしまいます、、、。まっ、でもこうやって少しずつ季節は進むの…

ページ上部へ戻る