© カモシカ×ブログ 登山用品専門店カモシカスポーツ All rights reserved.

クロスオーバードームの進化モデル「クロスオーバードームf」登場です!

「クロスオーバードーム」に新モデルが登場しました。
その名も「クロスオーバードームf(CROSSOVERDOMEf)」。

「f」とは、free, fusion, focus, flex, fast, frontier, force, feel etc…より一歩進んだ体験を頂くためのアイテムとして、地球をクロスオーバーする人々から感じるイメージの頭文字として「f」が名付けられています(ヘリテイジHPより)。

今回は、その新モデルのサンプルを借りることが出来ましたので、早速ご紹介させて頂きます。

写真はプロトタイプとなります。実際の製品はエントランスのメーカーロゴデザイン/取り付け位置が若干異なる場合がございます

収納サイズは、本体高さ16cm×直径8.5cm、ポール38cm。500mlペットボトルとの対比だとそのコンパクトさがよくわかります。

サイズは、200cm(幅)×75cm(奥行)×95cm(高さ)、実際に立ててみると、やはり幅が細い印象です。

 

エントランスは短辺側にあります。

スライダーの縦部分はダブルファスナーとなっており、上部だけの開放が可能で、結露時などには一気に換気を行えます。

「クロスオーバードーム」と同じく、ポールスリーブの片末端は袋状に閉じているので、一方行からポールを差し込むだけでポールのセットが完了し、セット後には手元でテントの張り具合を調整する事が可能です。

ベンチレーターは両サイド上部の二箇所に配置。芯が入っており、筒も短めになっているので、降雨・強風時でもつぶれにくい構造です。

こちらも「クロスオーバードーム」と同じく、スリーブ頂点が連結したユナイテッドポールスリーブ方式を採用しています。生地目を斜め方向にカットされていますので、生地にストレッチが出て本体にテンションがかかりやすくなっています。

横に人が座るとこんな感じです。

マットを敷いて、荷物を入れてみました。  
ザック: パーゴワークス RUSH28
マット:サーマレスト Zライト ソル
シュラフ:OMM マウンテンレイド
ボトル:ナルゲン 狭口 1 L

身長170cmのスタッフが中であぐらをかくと、頭は本体トップ部分に触れます。

身長170cmのスタッフが実際に横になるとこんな感じです。

こんな風に頭を少しだけ出して夜空を眺めることも可能です。

レビューのムービーもご覧ください。

「クロスオーバードームf」は、クロスポール式のシェルターで「遂にここまでやったのか」というサイズ。それでも、総重量570gでこの居住性の確保はさすが「クロスオーバードームシリーズ」といった感じです。ザックに入れる際のパッケージサイズも更に小さくなったので、必要な方にとっては手放せない装備となるでしょう。

製品は5月入荷予定、カモシカスポーツ全店の店頭とカモシカオンラインショップでご予約受付中です!

カモシカスポーツ菅沼


 

 

関連記事

9月7日朝トレラン開催リポート

9月7日(土)朝トレラン開催いたしました。 この日のコースはJR逗子駅~森戸川林道~JR東逗子駅の約9.5kmのコースです。 逗子駅から…

20199/5

八ヶ岳、ニュウ?へ

少し前になりますが、8月19日、20日の二日間で次男と八ヶ岳に行ってきました。 麦草峠に車を置き、まずは白駒池を目指します。 …

8月25日朝トレラン開催リポート

8月25日(日)朝トレランを行いました! 本日のコースはJR東逗子駅から鷹取山~六浦~池子トレイル~JR逗子駅までの約11キロです。 …

ページ上部へ戻る