© カモシカ×ブログ 登山用品専門店カモシカスポーツ All rights reserved.

日本クラッシック踏破隊・125歳二人旅

2015年(H.27)年、5月13日(水)~14日(木)15日(金)
慶応尾根より前穂北尾根8峰~6峰。

前穂北尾根は何回も行っていましたが、下部部分は手つかず。
何年も前から下部をと思っていましたが、今回やっと慶応尾根から北尾根Ⅷ峰そしてⅥ峰まで遂に完成できました。
台風6号が、早めに抜けて14日は台風一過の晴れでした。

5:30に奥又出合を出発。パノラマ入り口に6:00順調です。
慶応尾根からの沢に雪が詰まっていて尾根に突き上げていて、この沢を詰めてみようと取りつく。
途中、パノラマコースの登山道が横切っていて、そこから約2時間で慶応尾根に出る。9:30順調です。
出口は傾斜もきつく緊張を強いられました。
屏風のコルが目の前でここまで高度を稼げてラッキーです。

かもよこ特派員K氏

尾根づたいに雪渓を詰めて小さなピークに到達10時半。
少しパンで補給してⅧ峰を目指す。Ⅷ峰は遠い。


ようやくⅧ峰に到達11:00.。なんとステキな大パノラマ。

穂高で最高の展望かも…… と感動。
眼下のヒュッテでは常駐隊の基地の除雪中。
さあ、いよいよ北尾根です。

201505141052000

Ⅶ峰を目指して慎重に進みます。高度感は抜群。
Ⅶ峰の下り15mの懸垂。涸沢側を巻けば降りれそうだが残雪がいやらしい。
いよいよ核心部タヌキ岩を抜けるが残雪が行く手を阻む。
アイゼンを着けてロープ確保で進む。岩とのミックスが緊張を更に助長する。
悪戦苦闘何とかⅥ峰のピークに立つ…….既に三時半。

ナイフリッジに残雪と岩場のミックスは年老いたクライマーにはキツイ!!
俯瞰するヒュッテは圧巻だ…..。

201505141545000
5.6のコルへ降り立ち下山。
ゆるんだ雪が膝までうもる。
ヒュッテ到着は四時半。
少し時間はかかったが…..
穂高を満喫の一日だ。
最高の天候とステキな登攀に乾杯!!

ありがとう 穂高 涸沢。

かもよこHide

関連記事

軽量・コンパクト・高強度・耐水性に優れたX-PAC製ギアケース【クランポンバッグ】

X-PACを使用したカモシカスポーツオリジナルのギア収納ケースが発売です。 X-PACは軽量で強度が高く、さらに高い耐水性を備える高機…

高速湯沸かしに定評のあるJETBOILに新モデルが登場【STASH-スタッシュ】

ジェットボイルより、2021年の春夏の新製品として発売された【スタッシュ】 発売前のレビューでも注目度があり、発売後あっという間に品切れ欠…

行動着や保温着としてマルチに使える化繊綿フーディ【ポリゴン2ULフーディ】

オールシーズン対応マルチ保温着ウェア 暖かい季節の山には、休憩時やテント場で過ごす際に着用する保温着として。 寒い季節の山には、中間着に…

ページ上部へ戻る