© カモシカ×ブログ 登山用品専門店カモシカスポーツ All rights reserved.

20152/25

熊野古道へ行ってきました。1日目

2月18日
スタッフ【サイトウ】
熊野古道を歩こうと、
和歌山県、九度山駅へ。

IMG_0602.JPG
今回はULハイクを目指して荷物の軽量化に励んでみました。
シュラフやマット、着替えにバーナー等を入れて4.8kg!
残念ながら目標の4.5kgには届きませんでしたが
この季節なら頑張ったほうではないでしょうか?

1日目は【町石道】を歩いて、高野山へ向かいました。

DSC01042.JPG
九度山町は真田幸村と縁のある場所でもあるようで、
町中に六文銭の旗がたっていました。

高野山の開祖である弘法大師空海
母親が暮らしていたという慈尊院があり
ここからいよいよ町石道のスタート。
DSC01064.JPG
1(約109メートル)ごとに
「町石(ちょういし)」と呼ばれる
高さ約3メートル強の五輪卒塔婆形の石柱が建てられ、
高野山上の壇上伽藍・根本大塔を起点として
慈尊院までの道中に180基あり、
これが参道の名前の由来となっているようです。
DSC01112.JPG
DSC01116.JPG

DSC01129.JPG
DSC01132.JPG
大門の手前から少し雪が残っていましたが
ここまでは滑り止めなどが無くても大丈夫そうでした。

DSC01154.JPG
DSC01156.JPG
大門から雪が降り始め、
小辺路に入ると雪の量もだんだんと増えていき
途中からは、くるぶし程までの雪の中を歩くことに

雪が舞う中、一人で龍神スカイラインを歩いていると、
「大丈夫ですか?」と車の方に声をかけて頂き
誘惑に負けてしまいそうになりましたが、
「ありがとうございます、大丈夫です。」と返事をして先を急ぎました。
日がたっぷりと沈んだ頃
1日目の目的地、萱小屋の無人小屋に到着して一泊
約45kmの行程となりました。

関連記事

軽量・コンパクト・高強度・耐水性に優れたX-PAC製ギアケース【クランポンバッグ】

X-PACを使用したカモシカスポーツオリジナルのギア収納ケースが発売です。 X-PACは軽量で強度が高く、さらに高い耐水性を備える高機…

高速湯沸かしに定評のあるJETBOILに新モデルが登場【STASH-スタッシュ】

ジェットボイルより、2021年の春夏の新製品として発売された【スタッシュ】 発売前のレビューでも注目度があり、発売後あっという間に品切れ欠…

行動着や保温着としてマルチに使える化繊綿フーディ【ポリゴン2ULフーディ】

オールシーズン対応マルチ保温着ウェア 暖かい季節の山には、休憩時やテント場で過ごす際に着用する保温着として。 寒い季節の山には、中間着に…

ページ上部へ戻る